• ABOUT US 私たちについて
  • SERVICE できること
  • METHOD つくり方・考え方
  • WORKS 施工実績
  • PROFILE 会社紹介
  • BLOG
  • facebook
  • 問い合わせ・資料請求

METHOD

わたしたちができること

プランニングの3つの約束

いちばん大切にしているのは、お客さまの「やりたいこと」にリミッターを設けないこと。
わたしたちホームサイドは、以下の「3つの約束」を胸に、お客さまの理想の住空間をつくり上げます。

1.安心して暮らすために。

設計から施工、仕上げまで。さまざまな工程に携わる職人たちが、各専門分野で能力を発揮するため想いをシェア。
同じゴールを目指すチームとなって理想の家をつくります。

設計者
お客さまとの打ち合わせを
通じてくみ取った「理想の家の
イメージ」に、プロの視点と
アイデアをプラス。期待に胸が
はずむ設計プランを提案します。
コーディネーター
豊富なバリエーションの中から、
お客様のイメージにもっとも
ふさわしい素材・建具を提案。
探究心と遊び心を兼ね備えた
「家の見立て」のプロです。
現場監督
着工後のすべての工程、すべて
のスタッフを管理する施工に
おける責任者。品質はもちろん
工事の安全性にも目を配り、
建築現場を効率よく指揮します。
造作大工
造作大工とは、仕上げや下地と
いった室内装飾を腕一本で組み
上げる大工の別名。繊細かつ
大胆な手仕事で、美しく暮らし
やすい住空間をつくり上げます。
左官職人
コテを使って壁や床を塗り
仕上げ、住空間に豊かな表情を
与えます。内外装だけでなく、
水まわりに用いられる人造石など
の研ぎ出し仕上げも行います。
電気・配管工
暮らしのインフラ構築を担当
する職人。使い勝手はもちろん、
将来のリフォームのしやすさにも
配慮し、電気・ガス・給排水の
配管・設備を施工します。

その他専任のスタッフが理想の家づくりをお手伝いします。

2.自由な発想で、「やりたいこと」をカタチにします。

アタマはやわらかく、好奇心はとめどなく。そんな姿勢こそ、ワクワクする家づくりの原点。
だから、わたしたちはとことん「自由」なプランニング&デザインにこだわります。

自由な発想のプランニング

暮らしやすさも、遊び心も。
設計図にアイデアを詰め込んで。

たくさんの
事例から発想
建築雑誌など、さまざまな事例を参考にして
アイデアをコツコツとストック。あらゆる
ご要望に応えられるよう、日々プランニング
の引き出しを充実させています。
ライフスタイル
から発想
お客さまの「こんなふうに暮らしたい」
という理想をもとに、家づくりのイメージを
ふくらませ、遊び心をスパイスとして加え
ながらプランニングに落とし込みます。
自由な発想のデザイン

デザインの引き出しは、多いほど
キラリと光るセンスと出逢える。

テイスト・
スタイルから
発想
「服を買うならあのショップ」や「今どきの
カフェよりレトロ喫茶がスキ」といった声を
もとに、お客さま好みのテイスト・スタイルに
ハマるデザインを提案します。
インテリア・
家具から発想
「こんなインテリアを置きたい」といった
ご希望をお聞かせいただければ、そのアイテム
の雰囲気をベースとして、住空間全体を
コーディネートすることもできます。

3.暮らしの中まで、しっかりみつめてつくります。

これから始まる新しい暮らしに想像をめぐらせ、お客さまのこころとカラダにフィットする「動線」を創造。
暮らしやすさの本質をどこまでも突き詰めたいと考えています。

たとえば、こんな動線<1>
水まわりを近接させた
「ストレスフリーな家事動線」
キッチン・サニタリー・バスルームを近接させた
スムーズな家事動線。料理の下ごしらえを
しながら、洗濯物を取込んだりお風呂の様子を
見ることができて便利です。
たとえば、こんな動線<1>
バスルームをあえて2階に設計した
「プライベート動線」
プライベートは2階で、コミュニケーションは
1階で、と生活動線を分離。来客時も、気にせず
入浴。さらに朝のシャワーも着替えを1階まで
持ち運び不要です。
たとえば、こんな動線<1>
大きなファミリ-クロゼットを設計した
「おまとめ動線」
収納を一箇所にまとめることで、洗濯物を
楽に片付けられます。また浴室と同じ階に設置
すれば、便利さ倍増。さらに各居室のレイアウト
の自由度が格段にあがります。
わたしたちができること

目に、手に、心に、触れる素材を

家は、家族にずっと寄り添っていくもの。だから、わたしたちホームサイドは、カラダにやさしい自然素材にこだわります。
豊かな自然の味わいが、「やりたいこと」あふれる日々を心地よく包みます。

  • Floor 床材
  • やわらかな肌触りが心地よく、
    育てる愉しみもある「無垢の床」。
    リビング・ダイニングなどの床には、やわらかな肌触りが心地よく、
    時を経るにつれて艶と味わいが増す「無垢の床」をおすすめしています。
    冬に素足で歩いても冷やっとせず、ぬくもりを感じられるスギ材や
    パイン材をはじめ、豊富なバリエーションの樹種・デザイン・カラーを
    ご用意していますのでお好みのものをお選びください。
  • Wall Material 壁材
  • 独特の表情と質感が美しい、
    「珪藻土や漆喰」を多用します。
    住空間の印象を大きく左右する壁材にも、できる限り自然系素材を
    採用したいと考えています。たとえば、玄関まわりには珪藻土を、
    情趣豊かな和室には漆喰を、リビング・ダイニングにはウッドチップ
    入りの壁紙などをおすすめしています。自然系素材でなければ醸せな
    い、美しい表情とやさしい質感が、空間の質を高めます。
  • Floor 床材
  • 環境にも、カラダにもやさしく、
    調湿効果にも優れた「自然塗料」。
    内外装の塗装には、環境にもカラダにもやさしく、豊かな質感も
    魅力的な「自然塗料」を採用。シックハウス症候群の原因となる
    ホルムアルデヒドをまったく含まないため、アレルギー体質の方や
    小さなお子様を育てる家庭でも、安心して暮らすことができます。
    また、調湿効果にも優れており、家の耐久性向上にも効果があります。
設計の3つの約束

目に、手に、心に、触れる素材を

周辺環境の影響、太陽光の採り方、風の通り道。暮らしを取り巻く3つの外部要因をしっかりと読み解き、
理想の状態にコントロールすることで、「やりたいこと」あふれる住空間をつくります。

1.「周辺環境」からの影響を深く読み解きます。

  • 外からの視線を上手くかわす
    大きな窓は光と風をたっぷりと採り入れてくれますが、道路側などに無造作に
    つくってしまうと他人の視線も招いてしまいます。
    わたしたちは敷地を取り巻く環境をじっくりと観察し、通行量や視線の角度に
    配慮しながら、プライバシー性を高く保てる位置に窓をレイアウト。
    いつもリラックスして過ごせる住空間を設計します。
  • 視線以外にもアンテナを張る
    周辺環境からの影響は、視覚的なものだけにとどまりません。
    たとえば、「音」も設計する際にしっかりと配慮しなければいけない要素のひとつです。
    交通量の多い幹線道路に近接する場合は、エンジン音や排気ガスが舞い込んでくる面に
    開口部を設けないなど、さまざまなシミュレーションを行って細心の注意を払います。
  • 気分が上がる景色を切り取る
    どこにどんな窓を設けるかは、設計者の腕の見せどころ。室内から見える景色は
    もちろん、住空間の雰囲気も大きく変える、設計における重要なポイントです。
    たとえば、道路に面する壁には、外からの視線が届かず、木々だけを映す上部に
    設けるなど。現場に立って検証を重ね、それを見るだけで気分が上がる窓づくりを
    追求します。

1.必要な分だけ「太陽の光」を採り入れます。

光の明るさをコントロール
太陽光による明るさは、ただたくさん採り入れればいいというものではありません。
大切なのは、心地いいと感じられる分だけ採り入れること。わたしたちは、
季節や時間ごとに異なる太陽の角度を検証し、厳しい日差しが当たる部分には
庇や植木を設けるなどして、ジャストな明るさを取り込むことを追求しています。
太陽のあたたかさを取り込む
あたたかさも上手に採り入れることが重要です。たとえば南側に大きな窓をつくると、
冬はあたたかくても、夏になると誰も寄りつかない酷暑空間になってしまいます。
そう、大切なのはバランス。わたしたちは一点集中的に窓をつくるのではなく、
天窓をつくるなどして窓を分散させ、あたたかさを家中にくまなく行き渡らせます。

1.暮らしの中に「風の通り道」を設計します。

  • 地形を見極め、風を呼び込む
    地形には高低があり、それに従うように風の通り道が走っています。
    また、臨界エリアには浜風、山手エリアには山風というふうに、
    エリアに根ざした風も存在します。わたしたちは適切なリサーチにもとづいて
    これらの「風の通り道」を見極め、建物や窓の配置に工夫を凝らします。
  • 住空間の中に、心地よい風を通す
    冷たいと重く沈み、あたたかくなると軽くなって上昇するという空気の特性を活かした
    「自然換気システム」の考え方を採用。エアコンに頼らなくても、空気がよどむことなく、
    いつも風がやさしく吹き抜ける住空間を設計します。もちろん周辺環境からの影響にも
    配慮し、クリーンな風を採り入れられる位置に窓をつくります。
わたしたちができること

快適と安心を支える構造・仕様

もしもの災害時も、かけがえない家族を守れるように。そして、「やりたいこと」あふれる毎日が末永く続いていくように。
そんな想いを込め、見えないところにもこだわりを詰め込んでいます。

1.チームプレイで、最高のゴールを目指します。

耐震性を高めることは、住宅会社にとってもっとも重要な責務です。
わたしたちは、万一の大地震発生時も家族を守れるよう、耐震等級の「最高等級3」を標準仕様としています。

ベタ基礎工法
底面全体で建物を支える
信頼性の高い基礎構造。
地盤全体に鉄筋を張り巡らせてコンクリートを流し込み、
底面すべてで建物を支える「ベタ基礎」を採用。
線で建物を支える従来工法の「布基礎」と比べて
地面との接地面積が広く、建物荷重を分散させられるため、
地震時にも強い耐力を発揮します。
また、地面をコンクリートで覆うため、
シロアリ対策や湿気対策としても有効です。
耐震等級の
「最高等級3」を
取得しています。
耐震等級とは、国土交通省が2000年に定めた住宅性能表示制度における
耐震性能等級のこと。わたしたちは、このうちの「最高等級3」を標準仕様と
しています。これは数百年に一度発生するといわれる震度7クラスの地震の
約1.5倍の地震でも倒壊・崩壊せず、地震後も住み続けられる強さを表す等級です。

2.末永く暮らすために

子どもたちはもちろん、その次の代にも思い出とともに受け継がれるように。
耐久性の向上に真摯に取り組み、家族とともに末永く年月を歩める家づくりを追求しています。

基礎パッキン工法
基礎と土台の間にすき間を設け、
換気を促して湿気・害虫を抑制。
ステンレス製の「基礎パッキン」を
基礎と土台の間に挟み込む
工法のこと。土台が基礎から
少し浮き上がった状態となり、
その隙間から床下の換気が
行われるため、湿気による腐食や
シロアリの浸食を防ぐ効果が
あります。また、基礎に床下換気口を
開ける必要がなく、基礎の強度
を髙く保てるところも特長です。
外壁通気工法
構造体劣化の原因となる
湿気を溜め込まず、外に放出。
壁体内部に侵入した湿気を屋外に
スムーズに放出する「外壁通気工法」
を採用。結露はもちろん、雨水が浸入
しても通気層を通じて速やかに排出
させ、構造体の劣化を軽減します。
また、快適な室温をキープすると
ともに、夏には通気層を介して風が
通ることにより遮熱効果を得ること
もできます。

3.心地よく暮らすために

夏はすずしく、冬はあたたか。ただ心地よく暮らすだけで、エコロジーに貢献できる。
そんな住空間を目指し、断熱性・気密性・換気性の向上にまじめに取り組んでいます。

Low-Eペアガラス
紫外線や赤外線をシャットアウト。
冷暖房効率を高めて省エネに大きく貢献。
2枚のガラス間に、特殊金属膜を挟み込み、
さらにアルゴンガスを封入した「Low-Eペアガラス」
を採用。太陽光線の紫外線や赤外線をシャット
アウトし、冷暖房効率を高めて結露の発生を抑制
します。通常のペアガラスよりもさらに優れた
断熱効果を誇り、「エコガラス」とも呼ばれています。
断熱性 遮光性 遮音性 防犯性 結露防止
セルロースファイバー
防音や調湿にも優れた効果を発揮。
家をぐるりと包み込む天然由来の断熱材。
「セルロースファイバー」とは、さまざまな太さの
繊維が絡み合って空気の層をつくる天然木質繊維の
断熱材。一般的な断熱材であるグラスウールなどと
比べて細かいため、すき間なく充填できるところが
特長です。断熱効果だけでなく、防音・遮音・調湿・
防虫・難燃など、さまざまな効果を発揮します。
断熱性 調湿性 吸音性 安全性 防カビ・防虫
棟換気+外壁通気工法
小屋裏に結露をためこまず、
快適で健やかな室内環境をキープ。
太陽熱の影響を受けやすい小屋裏は、日中と夜間の
温度差が激しくなるため、結露の温床となりがち
です。そこで、あたためられて上昇する空気の
原理を利用した「棟換気」を採用し、小屋裏の湿気
と熱気、温度差を軽減。「外壁通気工法」の効果と
相まって、室内をいつも快適な状態にキープします。
防湿・防水 家の耐久性向上 結露防止 防カビ・防虫
「改正省エネ基準」を
クリアしています。
「改正省エネルギー基準」とは、国によって1999年に定められた、
省資源・省エネを推進するための基準のこと。わたしたちは、省エネ性能に
こだわりを注ぎ込むことで、改正省エネルギー基準をクリア。光熱費を節約
できるだけでなく、貴重なエネルギー資源をムダにしない家づくりを提供します。
夢があふれる暮らしを守る

快適と安心を支える構造・仕様

お客さまに自信をもって高品質な家をお届けするため、施工中に「4つの検査」を実施しています。
また、竣工後には万一の際に備えて「3つの保証」を付け、暮らしを末永く見守り続けます。

地盤調査

施工をスタートさせる前に
まず足元をしっかりチェック。
末永く安心して暮らせる家をつくるには、まず初めに
地盤の安定性をしっかりと確かめることが大切です。
わたしたちは、施工をスタートさせる前に必ず
「スウェーデン式サウンディング試験」による地盤調査
を実施。建築後に不同沈下などの瑕疵が発生しない
ことを確認してから家づくりを開始します。

配筋検査

耐久性や強度に大きく影響する
配筋の太さや配置を検査します。
基礎をコンクリートで固めてしまう前に、基礎を
組み上げる鉄筋の太さや配置が、図面通りに
組まれているかどうかを検査します。配筋は建物の
耐久性や強度に大きく影響を与える部分で
あるため、中間検査の中でももっとも重要な
検査のひとつといえます。

防水処理検査

雨水の浸入を防げるかどうか。
防水性をこまかく検査します。
外壁を築くと見えなくなってしまう、外壁下地の
防水シートの施工品質を検査します。
シートの重ね幅は規定をしっかりとクリアして
いるか、防水テープやコーキングが適切に処理
されているかなど、主に雨水の浸入防止に関する
部分をこまかにチェックします。

断熱施工検査

断熱材の施工精度をチェックし、
効果が発揮できているかを検査。
高性能な断熱材を使用しても、施工段階で
隙間ができていては、本来の断熱効果が
発揮できません。そこで、断熱材が内装下地
ボード等で覆われる前に施工状況を検査し、
次世代省エネ基準を満たすことを確認して
から施工をさらに進めていきます。

シロアリ保証(10年)

万一、シロアリ被害が発生すると、
最高500万円を賠償する保証制度です。
躯体をむしばむシロアリは、家の大敵です。
温床となりやすい床周りには念入りに防腐・防蟻
処理を施していますが、万一竣工後10年以内に
シロアリ被害が発生した場合は、賠償責任補償額の
給付を保証します。

地盤品質保証(10年)

お引き渡しから10年間にわたり
地盤の品質を保証します。
プロによる綿密な地盤調査にもとづき、不同沈下など
の瑕疵が発生しない地盤であることを確認した上で
家づくりを行っていますが、もしもの際にはきっちり
とフォローできるよう10年間の地盤品質保証を付け
しています。万一、瑕疵が発生した場合は、
最大5000万円まで賠償します。

住宅瑕疵担保責任保険(10年)

基本構造部分に瑕疵が発覚すると
補償費用等を保険でサポートします。
お引渡しから10年間にわたり、住宅品質確保法で
定められた基本構造部分に対する瑕疵を保証します。
保証期間中にホームサイドが倒産してしまっても、
瑕疵が発覚した場合は、国土交通大臣指定の
住宅瑕疵担保責任保険法人より修補費用の一定割合
が保険金として支払われます。